平成29年度の展示(日本家屋)

平成29年11月2日(木)~12月3日(日) 
古い布に魅せられて 
江戸から明治・大正にかけての日本の木綿、異国の木綿を展示。

「パッチワークキルトをきっかけに日本やインド、フランスの古い布に魅せられ30年近くなりました。日を追うごとに貴重になっていく布にはさみを入れることができなくなり、気が付けば箪笥からあふれるほどのコレクションになっていました。
日本では木綿が庶民に広がり始めたのは江戸末期です。その時代には女性たちが家族の衣類を調達するために綿や麻を栽培し、糸にして機を織りました。過酷でつつましい暮らしの中で美しい布が生まれました。
最初は晴れ着に仕立てられ、普段着に下がり、仕事着や子供の衣類になりました。傷めば継ぎ接ぎされ、弱くなった布は刺し子を施したり、裂き織で再生されました。柔らかくなった布は赤ちゃんのおしめとしても使われました。どんな小さな布も捨てることなく、最後は溶けて消えました。
その当時織られた布がまだ残っています。宝物のように大切にされ、時代の波に取り残された布たちが縁あって私のところへやってきました。
現代に目を覚ました古布たちの晴れ姿をご堪能ください。」<古布収集・土田道子>

古布展チラシ表

古布展チラシ裏



11月3日(金・祝)の無料開放日に素敵なイベントが行われます。
◆古布でクルミボタンをつくろう
 9:30~11:30
 講師:土田道子
 会場:日本家屋
◆JAZZライブ
 14:00~16:00
 出演:ユニットT2(小島太郎・大石俊雄)with 若林みわ
 会場:分館中庭(雨天の場合は版画記念館)


平成29年4月22日(土)~6月18日(日) 
永田治子展「息する場所で」 
築約130年の日本家屋で静かに息づく永田治子の世界をご鑑賞いただけます。

陽の光に育まれ、咲き始める時の色彩と息づかい。咲き誇る時の誇りと生命力を表現したいとの思いで、花をモチーフにした作品を手掛ける画家・永田治子。
今回の展示会開催にあたり、旧桜井邸(会場となる日本家屋)を何度も訪れ、歳月を重ね今も呼吸し続けるこの空間に強く魅せられたと語る。
花とともに息するように向き合う画家の眼差しと、日本家屋との時を経たコラボレーションをお楽しみください。

永田治子展表

永田治子展裏