日本家屋

日本家屋中

 明治23(1890)年に建てられた旧桜井邸。正面の玄関から2階の屋根まで葺き上げた瓦の大屋根が特徴の町家は、旧家の風情が漂っています。1階は伝統的な工法で骨太に仕上げられており、2階は茶室としても利用できるよう、繊細で落ち着きのある京都の数寄屋風の造りになっています。
 日本情緒溢れるくつろいだ雰囲気の中で、展示作品をごゆっくり鑑賞していただけます。また、屋外にはこの家が建てられた当時の井戸や、その他民俗資料を展示しています。
<日本家屋を利用して撮影会などをされる方は、事前にお問い合わせください。>