開催中の展示(日本家屋)

平成30年7月7日(土)~ 9月2日(日)
小杉利行展「キャンバスは暮らしの中にある」

築130年の日本家屋との絶妙なコラボレーション。暮らしの中に溶け込む小杉利行の世界をご堪能ください。

油彩画家・小杉利行は1950(昭和25)年焼津市に生まれました。独学で絵を学びながら志太地区を中心に活動し、やがて時計、箪笥、ガラス瓶など古い道具等に興味を抱くようになりました。
今回の展示会では日本家屋を会場として、戸板や麻袋など古民具や廃材をキャンバスや額として活用し、制作した作品を展示します。物に出逢った瞬間のイメージを大切に留めながら、カメラや骨董収集で培った独自の視点で身近な物を題材にした作品には、作者の人柄が反映しています。
小杉作品と、和の空間との絶妙なコラボレーションをお楽しみください。。
※7月19日(木)~21日(土)は休止となります。

小杉展チラシ表

城郭原画展チラシ裏

日本家屋

日本家屋中

 明治23(1890)年に建てられた旧桜井邸。正面の玄関から2階の屋根まで葺き上げた瓦の大屋根が特徴の町家は、旧家の風情が漂っています。1階は伝統的な工法で骨太に仕上げられており、2階は茶室としても利用できるよう、繊細で落ち着きのある京都の数寄屋風の造りになっています。
 日本情緒溢れるくつろいだ雰囲気の中で、展示作品をごゆっくり鑑賞していただけます。また、屋外にはこの家が建てられた当時の井戸や、その他民俗資料を展示しています。
<日本家屋を利用して撮影会などをされる方は、事前にお問い合わせください。>

過去の展覧会等

平成29年度の展示(日本家屋)