平成30年度の展覧会(海野光弘版画記念館)

平成30年9月8日(土)~11月11日(日) 
第27回分館企画展「西貝和子 ~変化と発展を続ける創作版画~」 
静岡市清水区出身の創作版画家・西貝和子は、伊藤勉黄、前田守一ら静岡県を代表する版画家たちと交流を持ちながら、半世紀以上の間、挑戦を繰り返してきました。自らの限界を決めることなく発展し続ける創作活動は、県内作家たちに刺激を与え続けています。
今回の展示会では、自由な発想と精緻な構成力で、見るものを引き込む強さを秘めた西貝和子の作品をお楽しみください。

西貝和子展表

西貝和子展裏



平成30年6月23日(土)~9月2日(日) 
海野光弘 水辺~悠久を奏でる~ 
「時」をキーワードとして、静岡県、宮城県、山形県、沖縄県などの景観を題材にした作品を中心に紹介します。
 広がる波紋に揺れる水面が印象的な「波紋映」、雨季の東北を描いた「霧雨の遠野」、百合を白いシルエットで表現する大胆な構図が目を引く「ゆりの水辺」など、流れる水に誘われるように北へ、南へと歩きながら、海野光弘が追い求めた心の故郷を題材にした木版画作品をご鑑賞ください。

海野光弘(水辺)表

海野光弘(水辺)裏



◆学芸員によるギャラリートーク 
7月16日(月)・8月19日(土)午後1時30分~(30分程度)
会場:海野光弘版画記念館 ※申込み不要


平成30年4月7日(土)~6月10日(日) 
海野光弘 万華~四季を彩る~ 
「万華(まんげ)」をキーワードとして、長野県、富山県、宮城県、沖縄県などを題材にした作品を中心に紹介します。
 残雪の山並みが見下ろす里に春の訪れを告げる野山に咲く花々は、夏には大輪を開かせ、秋風に揺れながら、人々を見守っています。海野光弘が歩いた万華の道をお楽しみください。

海野光弘(万華)表

海野光弘(万華)裏



◆学芸員によるギャラリートーク 
4月14日(土)・5月12日(土)・6月2日(土)午後1時30分~(30分程度)
会場:海野光弘版画記念館 ※申込み不要