平成30年度の展覧会(特別展示室)

平成30年9月15日(土)~ 11月18日(日)
第75回企画展「島田の幕末維新-150年前の緑茶化計画-」

島田市の主要産業である茶業は、明治維新後の牧之原開拓によって急発展を遂げました。江戸時代、広くやせた土地であった牧之原台地に目をつけたのは、明治時代に静岡へ移住してきた旧幕臣たちでした。勝海舟や山岡鉄舟の支援を受け、幕末には精鋭隊として徳川慶喜を護衛していた中條景昭や大草高重をはじめとする旧幕臣250名余りが、牧之原を開墾し始めたのは明治2年(1869年)7月のことでした。多くの脱落者を出しながらも、失業した川越人足を始めとした島田の人々も加わった牧之原開拓は、10年以上の年月をかけてようやく軌道に乗りました。旧幕臣という島田の”外“の人々と、島田の人々が連携したことが、島田市の茶業が一大産業に成長する原動力となったといえるでしょう。本企画展では、島田市の重要な歴史である牧之原開拓をひもときながら、150年前の「緑茶化計画」に迫ります。

幕末展チラシ表

幕末展チラシ裏

関連イベント

第75回企画展「島田の幕末維新-150年前の緑茶化計画-」では、以下のイベントを開催します。

※イベントはすべて終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

(1) 講演会「牧之原開拓秘話」

中條景昭、大草高重、今井信郎ら、牧之原開拓に従事した人々の知られざる歴史を語ります。
講 師:塚本昭一氏(NPO法人初倉まほろばの会代表)
日 時:9月24日(月・祝)13:30~15:00
参加費:300円 ※別途入館料が必要です。
定 員:50名(申込締切日 9/15(土)必着 ※応募者多数の場合抽選)
会 場:島田市博物館 講座室

(2) 講演会「旧幕臣の静岡移住と島田」

静岡藩研究の第一人者が、旧幕臣たちの静岡移住の意義について語ります。
講 師:樋口雄彦氏(国立歴史民俗博物館教授)
日 時:10月21日(日)13:30~15:00
参加費:300円 ※別途入館料が必要です。
定 員:50名(申込締切日 10/5(金)必着 ※応募者多数の場合抽選)
会 場:島田市博物館 講座室

(3) 企画展(収蔵品展)を2.5倍楽しむ博物館講座「静岡茶の明治維新」

明治維新によって、静岡県内の茶生産がどのように変わったのかを詳しく解説します。
講 師:岡村龍男(島田市博物館学芸員)
日 時:10月7日(日)13:30~15:00
参加費:200円 ※別途入館料が必要です。
定 員:30名(先着順)※申込受付中
会 場:島田市博物館 講座室



平成30年6月16日(土)~ 9月2日(日)
第74回企画展(島田市博物館・藤枝市郷土博物館共同展)
「島田の城と香川元太郎城郭原画展<西日本編>」

日本の「城」は、築かれた時代や場所によって様々な役割を持っていました。今回の企画展では、全国各地の城の復元イラストを手がける香川元太郎氏の原画と共に、城郭模型作家 岐部博氏の作品を併せて展示し、各地の城の歴史や果たした役割、構造、機能を一挙に紹介します。
また、現在史跡整備を進めている諏訪原城の最新の調査結果を踏まえ、香川氏が製作した諏訪原城の原画を初公開します。
なお本展は、藤枝市郷土博物館との共同展として開催します。当館では西日本(遠江以西)の名城にスポットを当て展示します。藤枝市郷土博物館の「東日本編」と併せ、香川氏の城郭原画が一挙公開される貴重な機会になります。

城郭原画展チラシ表

城郭原画展チラシ裏

関連イベント

いずれのイベントも定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。多数のご応募ありがとうございました。

(1) 諏訪原城城攻めツアー

加藤理文氏

★定員に達しましたので受付を終了しました。
城郭の専門家加藤理文氏による「戦う城」諏訪原城の現地解説ツアーです。
日 時:7月8日(日)13:30~16:00
講 師:加藤理文氏(日本城郭協会理事)
参加費:500円 ※別途入館料が必要です。
定 員:20名(先着順)
会 場:島田市博物館及び諏訪原城跡
※企画展観覧後に諏訪原城へバスで移動します。

(2) ワークショップ「お城を描いてみよう」

香川元太郎氏

★定員に達しましたので受付を終了しました。
香川元太郎氏を講師に迎え、縄張り図などをもとに城郭の絵を描きます。
講 師:香川元太郎氏(城郭復元イラストレーター)
日 時:8月18日(土)13:30~15:00
参加費:500円 ※別途入館料が必要です。
定 員:20名(先着順)
会 場:島田市博物館 整理工作室

(3) 企画展(収蔵品展)を2.5倍楽しむ博物館講座

諏訪原城跡復元図

★定員に達しましたので受付を終了しました。
テーマ:「諏訪原城-発掘調査の成果と史跡整備の現状-」
講 師:萩原佳保里(島田市教育委員会・主任学芸員)
日 時:8月5日(日)13:30~15:00
参加費:200円 ※別途入館料が必要です。
定 員:30名(先着順)
会 場:島田市博物館 講座室

【特別企画】春風亭昇太の「城の魅力まるわかりトークショー」

春風亭昇太の「城の魅力まるわかりトークショー」

無類の城好きで知られる昇太師匠が、個性的なゲストとともに地元島田市の「諏訪原城」をはじめ城の魅力を語り尽くす楽しいトークショーです。
日時:7月31日(火)〈開場〉午後6時30分〈開演〉午後7時
会場:島田市民総合施設プラザおおるりホール
出演:落語家・春風亭昇太/日本城郭協会理事・加藤理文/俳優・石上亮(武将隊TOKYO)/お城マニア&観光ライター・いなもとかおり
▼詳細は特設ページへ
春風亭昇太の「城の魅力まるわかりトークショー」

【共同企画】藤枝市郷土博物館・文学館企画展

藤枝市郷土博物館城郭展

~駿河田中城と香川元太郎城郭原画展<東日本編>~
会期:平成30年6月16日(土)~ 7月29日(日)
香川氏が描いた東日本(駿河以東)の城郭原画を展示します。藤枝市指定史跡の花倉城・朝比奈城の書き下ろし原画も初公開します。

藤枝市郷土博物館・文学館公式ページへ


《城郭原画のオリジナル記念品をプレゼント》
島田市博物館と藤枝市郷土博物館の2館をめぐって、西日本と東日本の城郭原画をすべて観てみよう!展示期間中、両館に入館してスタンプを2個押した方には、城郭原画のオリジナル記念品(個数限定)をプレゼントします。(記念品引換有効期間:6/16~9/2 ※なくなり次第終了)

◆この共同展は「しずおか中部連携中枢都市圏ビジョン登載事業」として開催します。



平成30年4月28日(土)〜 6月3日(日)
収蔵品展「滝沢 清~水彩画の世界」
郷土の作家「滝沢 清」が遺した水彩画、墨彩画を展示
滝沢清は島田市(旧金谷町)出身の画家で、少年時代から画家を志し、東京などで学びました。終戦後に故郷に戻った後も、創作活動に精力的に打ち込む一方で、「新水彩作家協会(後の「三軌会」)を8人の同志とともに創立しました。県内においても静岡県水彩画協会を創立し、県展、教育展を指導するなど、後進の育成にも尽力し、島田の近代絵画の発展に主導的な役割を果たしました。
今回はヨーロッパ滞在中に描いた円熟期の作品をはじめ、国内の風景や静物を題材にした水彩画、墨彩画を展示します。

滝沢清チラシ表

滝沢清チラシ裏

関連イベント

◆講演会「滝沢清 絵画人生の軌跡」

講師:山本晶司(画家)
日時:5月12日(土)13:30~15:00
場所:本館・講座室
料金:無料(入館料のみ)
定員:30名
※予約不要。直接会場へお越しください。

◆出張展示~「滝沢清展 in 金谷図書館みんくる」

「霧雨の日に(1980年・墨彩画)
霧雨の日に(1980年・墨彩画)

ゆかりのある方々に出品していただいた愛蔵の作品を展示します。
日時:5月10日(木)~29日(火)9:00~19:00
(月曜休館。20日(日)は17:30まで)
会場:島田市立金谷図書館展示コーナー
料金:無料