平成29年度の展覧会(特別展示室)

平成30年3月17日(土)~4月15日(日)
第73回企画展「音にきこゆるvol.2~島田の刀鍛冶と名刀写しの美」
古来より、刀匠たちは偉大なる先人の打った名刀に憧れ、その名刀を“写す”ことで自らの腕を磨きました。新しい作風を目指しつつも名刀を写すという営みは、決して昔の出来事ではなく、現在の刀匠たちにも脈々と受け継がれています。今回の企画展は、日本各地の名刀に影響を受け、その姿を写しながら発展していった義助・助宗・広助に代表される島田鍛冶の刀剣と、現代の刀工が鍛えた「厚藤四郎」・「小烏丸」・「ソハヤノツルキ」などの名刀写し一堂に展示します。

企画展「音にきこゆるVol.2」関連~特別企画はこちらをご覧ください!

刀剣展2チラシ表

刀剣展2チラシ裏

関連イベント

(1) 厚藤四郎写を持ってみよう

日時:3月17日(土)・18日(日)13:30~16:00
※各日全3回入替制。時間帯は当選者に返信はがきにてお知らせします。
会場:本館 講座室
料金:100円(保険料込)
定員:各日90人
※3月18日(日)のみ若干の余裕があるため、申込期間を延長します(往復はがきで3月14日(水)必着)
★要申込み(下記参照)

厚藤四郎写

 

(2) 刀匠たちによる実演と体験

日時:3月24日(土)・25日(日)13:30~16:00
内容:刀工・研磨師・鞘師などによる実演と体験
会場:分館 中庭
講師:鉄芸
★申込み不要

(3) 名刀・現代刀鑑賞会

日時:3月24日(土)10:00~12:00
会場:分館 日本家屋
講師:鉄芸
定員:40人
対象:高校生以上
参加費:100円(保険料込)
※若干の余裕があるため、申込期間を延長します(往復はがきで3月21日(水)必着)
★要申込み(下記参照)

(4) 日本刀講演会「名刀を受け継ぐ」

日時:3月25日(日)10:00~12:00
会場:分館 日本家屋
講師:鉄芸
定員:40人
※若干の余裕があるため、申込期間を延長します(往復はがきで3月21日(水)必着)
★要申込み(下記参照)

鉄芸2

鉄芸3

鉄芸4


【イベント(1)(3)(4)の申込方法】

往復はがきにて、1枚につき2名まで申込み可。
<記入事項>イベント名・希望日、氏名(参加人数分)、年齢、郵便番号・住所、電話番号。
返信面に宛先をご記入の上、島田市博物館までお申し込みください。
<締め切り>(1) 3月14日(水)※延長しました。・(3)(4) 3月21日(水)※延長しました。必着


◆ギャラリートーク

日時:3月17日(土)・18日(日)・4月14日(土)・15日(日)11:00~11:30
会場:本館 特別展示室
★申込み不要


◆おもてなしイベント「武将隊見参!」

画像の説明

あの武将隊が帰ってくる!演武と展示解説で皆様をおもてなしします。
日時:3月17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)
【演武とトーク】10:00~10:30(本館)・14:00~14:30(分館)
※その他の時間は、博物館・川越街道に出没します。

◆特別展「女戦国大名寿桂尼と今川氏」に降臨した武将隊(平成29年10月1日)
「戦国武将博物館に集結(YouTube動画)」


◆刀剣相談会

刀剣の鑑定、保存方法など専門家がアドバイスします。
日時:4月14日(土)10:00~12:00・13:00~15:00
会場:本館 整理工作室
相談員:日本美術刀剣保存協会静岡県支部役員
★参加無料。直接会場へお越しください。また、現物を持ち込む場合には、銃砲刀剣類登録証を必ずご携帯ください。


平成30年1月20日(土)~3月11日(日)
第72回企画展「森田安次と大井川流域の書家たち」
森田安次は島田市(初倉地区)出身の書家です。幼年期の彼は初倉の地でひたすら貪欲に書の上達に努めました。書への情熱は、戦後に教師そして書家となってからも衰えることはなく、10年という短い書家人生の中で、見る者を圧倒する作品を数々残しています。吹きつける風、清らかな水の流れ、書がもつ無限の表現を追求した森田安次、そして彼に影響を受けた柿下木冠、大石千世、外山博彰ら大井川流域の書家たちの作品をご堪能ください。

森田安次展チラシ表

森田安次展チラシ裏



関連イベント

講演会「森田安次の人と書」

講師:柿下木冠(公益財団法人独立書人団 常務理事)
日時:2月10日(土)14:00~15:00
場所:本館・講座室
料金:無料(入館料のみ)
定員:30名
<お申し込み方法>
往復はがきにイベント名、参加者氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号を記入し、島田市博物館(〒427-0037 島田市河原1-5-50)までお送りください。
<応募締切>
平成30年1月26日(金)

柿下木冠氏



平成29年12月9日(土)~平成30年1月14日(日)
第71回企画展「宮村弦 ーモールス・コードー 新しい言葉の{カタチ}」
【後援:静岡県立島田高等学校同窓会】
「平成27年度島田市文化芸術奨励賞」を受賞した宮村弦は、書をベースに文字や言語を「意味を宿した象徴(シンボル)」へ昇華させることを目指した作品を多く生み出しています。今回の企画展では、宮村弦の感性で、モールス・コード(モールス符号)を視覚化した作品を一堂に展示します。また、ゲストアーティストに音楽家・斉藤尋己(ひろき)氏を迎え、モールス・コードの作品世界を音として表現した合作も展示します。

※静岡新聞一面コラム「大自在」で紹介されました。

宮村弦展チラシ表

宮村弦展チラシ裏

関連イベント

作家・宮村弦によるワークショップ&ギャラリートークを開催!

日時:1月6日(土)13:30~16:00
内容:作家との館内巡回の後、アート書道を体験します。
対象:小学生~大人
料金:無料
定員:15名
場所:博物館本館整理工作室
《お申し込み方法》
平成29年12月1日(金)よりお電話(0547-37-1000)でお申し込みください。

展示の様子



平成29年9月16日(土)〜 11月26日(日)
特別展「女戦国大名寿桂尼と今川氏」
戦国時代、女性は政略結婚の道具ではなく、家と家を結ぶ平和の使者、そして家を束ねる存在として強く生きていました。駿河を拠点とした戦国大名今川義元の母寿桂尼は、京都の公家の娘として生まれ今川氏に嫁ぎ、夫(氏親)、2人の子供(氏輝・義元)、孫(氏真)の4代にわたって今川氏を支えました。大名さながらに印判状を出して政治を行う活躍ぶりから「女戦国大名」と呼ばれた寿桂尼は、戦国時代を強く生き抜いた女性の代表格と言われています。本特別展では、寿桂尼と今川氏歴代の事跡を紹介します。

女戦国大名表

裏紙わざ訂正 200


関連イベント

講演会①「女戦国大名寿桂尼とおんな城主直虎」
講師:大石泰史氏(大河ドラマ「おんな城主直虎」時代考証担当)
日時:11/18(土)午後2時〜午後3時30分
定員:50名
場所:講座室
★観覧料のみで聴講できます
★申し込み締め切り11/8必着

講演会②「女戦国大名寿桂尼の生涯」
講師:久保田昌希氏(駒澤大学教授)
日時:11/25(土)午後2時〜午後3時30分
定員:50名
場所:講座室
★観覧料のみで聴講できます
★申し込み締め切り11/15必着

ワークショップ 花押と印判づくり
日時:11/3(金・祝)午後1時30分〜午後3時30分
内容:あなたの運気を上げる花押・印判を作ります。
定員:20名
対象:どなたでも
場所:講座室
参加費:500円(材料費)
★申し込み締め切り10/23必着

今川氏検定
日時:11/26(日)午後1時30分〜午後3時30分
内容:今川氏の歴史に関する検定です。(全50問)
定員:30名
対象:どなたでも
場所:講座室
★観覧料のみで参加できます
★申し込み締め切り11/16必着

【申し込み方法】
1イベントにつき1枚の往復はがきでお申し込みください。※1通につき2名まで
希望のイベント名、参加者氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号を記入し、博物館までお送りください。※応募者多数の場合は抽選となります

特別企画

10/1(日)戦国武将隊が博物館に集結!
      今川氏ゆかりの武将(今川義元・武田信玄・上杉謙信・北条氏康・徳川家康)
      が博物館に集結します!

10/14(土)遊んで学ぶ戦国時代!島田市博物館で戦国の歴史を楽しく学ぼう! 
      戦国時代の食と今川氏の天下取りをイメージした体験イベントを開催します

★申し込み不要、直接博物館へお越しください。




平成29年7月15日(土)〜 9月3日(日)
第70回企画展「紙わざパレード-絶景 紙わざ大賞展-」
紙が作り出す「美」と「驚き」の世界。1991年島田市ではじまった「紙わざ大賞」の歴代受賞作品が集結します。

"紙(神)わざ"。四半世紀の軌跡。
平成3年(1991年)、島田市の有志「島田市紙わざ探検隊」により「島田発全国行」のイベントとして「紙わざ大賞」がはじまりました。紙わざ大賞の作品は、鳥に魚に恐竜、そして建造物とさまざまな姿・形をしています。中には「これって紙なの?」と目を見張る作品もあり、「紙」の可能性を感じさせてくれます。紙わざ大賞の歴代受賞作品を通し、大賞の軌跡と紙が作り出す「美」と「驚き」の世界をご覧ください。

紙わざちらし表

紙わざちらし裏

 
関連イベント
◆大きなお花のフォトブース
◆紙サロン「みんなで作る紙庭園」