鵜田寺鰐口

県指定文化財 工芸 
鵜田寺鰐口(うだじわにぐち) 
室町時代後期 直径40.6cm 昭和31年10月17日指定 鵜田寺 島田市野田1195

udaji-waniguchi.jpg

鰐口(わにぐち)とは、神社や寺院の堂前の軒下に吊り下げられる扁平な鈴です。青銅製で、鰐が口を開けているような形をしていることから、その名がついています。鵜田寺の鰐口(わにぐち)には寺の由緒である伝説が刻まれています。重さは9kgあり、県内所在の鰐口の中では最大のものです。



戻る

鵜田寺