阿弥陀如来及諸尊像刻出龕

国指定文化財 彫刻

阿弥陀如来及諸尊像刻出龕(あみだにょらいおよびしょそんぞうこくしゅつがん) 
平安時代後期 幅14.7cm×奥行き8.75cm 昭和25年8月29日指定 智満寺 島田市千葉254

寺伝によると、源頼朝の妻、北条政子の持念仏だったとされています。阿弥陀如来を中心に、前後左右に7体の仏像が赤栴檀(あかせんだん)の龕(がん)(小型の厨子)から内部の仏像及び光背台座に至るまで精密を極め、一体に刻まれています。


戻る