芭蕉真蹟「田植の連句」

市指定文化財 書跡
芭蕉真蹟「田植の連句」(ばしょうしんせき「たうえのれんく」)
江戸時代初期 昭和32年10月5日指定 島田市博物館 島田市河原一丁目5-50

basyou-taue-renku.jpg

「やハら可(か)に堂けよ(炊けよ)ことしの手作麦田植とゝも耳(に)堂ひ(旅)の朝起」と懐紙(かいし)に書かれた連句を表装したものです。上の句(発句)を塚本如舟が、下の句(脇句)を松尾芭蕉が詠んだものです。背景には、淡彩で麦の絵が描かれています。詞書(後書き)で、「元禄七、五月雨耳(に)降こめられてあるじのもてなし尓(に)心うごきて聊(いささか)筆とる事尓(に)なん」と示されており、晩年の松尾芭蕉が江戸から郷里の伊賀上野へ赴く旅の途中、塚本如舟邸に逗留していたときに書かれたものと考えられます。



戻る