絹本著色釈迦十六善神像

国指定文化財 絵画
絹本著色釈迦十六善神像(けんぽんちゃくしょくしゃかじゅうろくぜんしんぞう) 
鎌倉時代後期 昭和25年8月29日指定 慶寿寺・島田市博物館寄託 

絵仏師・宅間了尊の筆によるものとされ、仏画の構成は画面中央部、天蓋の下に釈迦如来が座し、その下に文殊菩薩と普賢菩薩を配して、さらに左右に八体ずつ十六善神が守護し、右隅に三蔵法師が描かれています。全体的な描写は、宋様を帯びた雄輝な筆使いの優れた傑作です。

画像の説明


戻る