牧之原開拓資料

牧之原開墾地の士族名簿

牧之原開墾地の士族名簿
明治時代初期
開墾に携わった中条金之助以下200名余の屋敷や係累が記されています。

牧之原開墾地の絵図面一 (霜原、谷口原、色尾原)

牧之原開墾地の絵図面一 (霜原、谷口原、色尾原)
明治時代初期

牧之原開墾地の絵図面二 (岡田原)

牧之原開墾地の絵図面二 (岡田原)
明治時代初期
牧之原開墾に従事した士族300余名の住宅や部署が16枚に描かれています。中条金之助・大草高重ら旧幕臣たちは苦労を重ねつつ1873(明治6)年には新芽を摘むことが出来ましたが、後に多くの者が離農し牧之原を去りました。

もどる