東海道石畳(菊川坂)

県指定文化財 史跡 
東海道石畳 菊川坂 (とうかいどういしだたみ きくがわざか) 
江戸時代 平成13年11月26日指定 島田市菊川1748-17地先

kikugawa-ishidatami.jpg

通称、菊川坂と呼ばれ、諏訪原城跡から菊川宿へ至る途中の石畳で、道幅は2.9mから4.2m、全長161mに及びます。大小の山石を組み合わせ、やや隙間を開けて敷き詰められています。現在残っている石畳は、今から150年以上前に敷設されたものと考えられており、現状もよく残っています。



戻る