本尊木造千手観音立像

国指定文化財 彫刻
本尊木造千手観音立像(ほんぞんもくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう)
平安時代後期 像高184.5cm 昭和25年8月29日指定 智満寺 島田市千葉254

カヤ材の白木で、前後を側面で接合した寄木造りです。その表情は温和で、天衣の彫りも深く、地方仏師の作とされています。本尊の厨子は、入母屋三方造り本瓦葺様、外面は全部極彩色を施してあります。秘仏で、ご開帳は60年に一度(次回は2054年)です。


戻る