智満寺中門

県指定文化財 建造物
智満寺中門(ちまんじちゅうもん) 
安土桃山時代 正面・奥行3.65m 昭和31年1月7日指定 智満寺 島田市千葉254

chimanji-cyuumon.jpg

智満寺中門は本堂と仁王門の中間にあり、木造で和様入母屋造茅葺の門です。昭和46(1971)年に行われた解体修理の結果、建立時期は薬師堂と同時期の天正年間(1573~1591年)であることが明らかになりました。


戻る