愛宕塚古墳

市指定文化財 史跡 
愛宕塚古墳(あたごづかこふん) 
古墳時代 昭和38年10月3日指定 島田市阪本4395

atagozuka-kofun.jpg

谷口原古墳群のうち最も大きなもので、全長21.5m、高さ2.75mの前方後円墳です。古墳時代後期のものと考えられており、多数の玉類、須恵器、土師器、鉄製品が出土しました。調査終了後安全のために入口は塞いでありますが、補強措置や排水措置をかけて自由に見学ができます。


戻る