寿永の桜

市指定文化財 天然記念物 
寿永の桜(じゅえいのさくら) 
昭和46年3月1日指定 久円寺 島田市川根笹間上

jueinosakura.jpg

笹間上地区に久円寺という古刹があり、その境内に樹高約7.5mの枝垂桜があります。平家の落人である平清久が寿永年間(1182~83年)にこの寺を開き、その時に植えた桜であるという言い伝えから「寿永の桜」と言われています。1センチに満たない赤と白の小さな花が咲くことから「源平桜」、久円寺の開基に植えられたことから「開基桜」とも呼ばれています。



戻る