天王山遺跡

市指定文化財 史跡 
天王山遺跡(てんのうやまいせき)
弥生時代後期~古墳時代 平成13年11月9日指定 島田市川根町家山579

tennouyama-iseki.jpg

天王山遺跡は、野守の池の東側、小高い神社が見える丘陵にあります。平成5年の発掘調査では、縄文時代早期(約8,000年前)から人が住み始めていたことがわかりました。大井川上流域でも最初の頃(約1,700年前)に弥生時代の集落や古墳が確認されています。古墳は直径8mの方形をしており、細長い穴を掘って木の棺を直接埋め、周りに溝を掘っています。ただし、すべて掘りきらないで四隅は残し、一部に河原石を並べた特別な形をしています。天王山遺跡は、現在史跡公園として整備され、ここから川根市街を見下ろすことができるようになっています。


戻る