天徳寺山門

県指定文化財 建造物
天徳寺山門(てんとくじさんもん)
江戸時代初期 間口・奥行35.0m 昭和31年5月24日指定 天徳寺 島田市大草911

tentokuji-sanmon.jpg

天徳寺山門(てんとくじさんもん)天徳寺は、明徳元(1390)年に大通融士が開いたとされる曹洞宗の寺院で、寺伝によれば南北朝時代、現在地から北東に4キロほど離れたところに建てられ、江戸時代初期に島田代官・長谷川藤兵衛長盛により現在地に移された際に建立された山門であると伝えられています。門は木造、和様切妻破風造の四脚門で、江戸時代初期の特徴を良く表しています。



戻る

天徳寺