塩本牛代のエドヒガン

市指定文化財 天然記念物 
塩本牛代(うしんしろ)のエドヒガン 
平成19年7月1日指定 島田市川根町家山 個人所有

usinsiro-edohigan.jpg

川根町家山西部の牛代地区には、見事なエドヒガンの一本桜があります。エドヒガンは本州、四国、九州の山地に自生するサクラの一種で、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラを交配してつくられました。地元では古くから「水目桜」とも呼ばれ、周囲を茶園の緑に囲まれた中で淡紅色の花をいっぱいに咲かせる様は大変美しく、開花期には毎年多くの人がこの地を訪れます。



戻る