医王寺薬師堂天井画

県指定文化財 絵画 
医王寺薬師堂天井画(いおうじやくしどうてんじょうが) 
江戸時代後期 昭和58年2月25日指定 医王寺 島田市金谷古横町159-1

iouji-tenjyouga-ryu.jpg


iouji-tenjyouga-hana.jpg

医王寺薬師堂天井画(いおうじやくしどうてんじょうが)は、永村茜山の筆です。茜山は渡邊崋山の弟子で、旧姓・長谷川と言い、父は幕府の祐筆(ゆうひつ)(書記官)でした。若い頃から崋山の下へ通い、画の修行に励みましたが、崋山が蛮社の獄により逮捕されると、その追っ手を逃れるために諸国を遊歴し、金谷宿の組頭・永村家の養子となりました。雲龍図は万延元(1860)年の作品で、畳8枚分の大きさがあり、紙本に墨絵で描かれています。その他に天女の画が4枚、花卉図50枚が描かれています。
現在、薬師堂の全解体修理に併せて保存修理を実施しています。



戻る

医王寺