上志戸呂古窯跡

県指定文化財 史跡 
上志戸呂古窯跡(かみしとろこようあと) 
安土桃山時代 平成18年12月1日指定 島田市志戸呂957-17

kamishitoro-koyou.jpg

上志戸呂窯跡(かみしとろこようあと)安土桃山時代の大窯が二基検出されています。徳川家康が天正16(1588)年、遠州志戸呂に住んでいた陶工たちに焼物免許の朱印状(市指定文化財)を発給しており、この上志戸呂古窯跡は家康が保護した窯であると推定されています。志戸呂焼のルーツを探る上で貴重な遺跡です。


戻る